忍者ブログ

 徒然なる日暮し

----猫と絵と日常を気まぐれに綴るブログ----

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■体のパース練習

私はパースに弱いです。

遠近が付いたときの物体の圧縮率?見たいなのが想像出来ない!
特に人間の体・・・
そのため、自分なりにどうなるのかな~と考えて行ったところ
ほんのり気づきを得たのでブログにメモを残しておきます。
普通に描けてる方には今更なことかと思います!


例:腕



今まで、突き出した腕や足を書くとき、見える部分と隠れる部分をあいまいに考えていました。
図形で簡単にしたところ、肘の根元は角度によっては見えません。
見えているところは一番でっぱっている部分のみ。

アニメパースに慣れると、とりあえず手前のものを大きくすればパースが効いて見えますが、
その後ろにある圧縮された腕の構造も頭に入れておくと、より整理された線になるのかなと。

比率や骨格、筋肉のほか、
人の体の凹凸・断面図も頭に入れておきたいと思ったのでした。

●参考になりそうな掲示板
絵うまい奴、手を突き出してる絵の描き方教えてください
http://blog.livedoor.jp/illustman/archives/22550756.html

●逆に、アニメタッチでパースを排除するとやや違和感が残る例
TVアニメ-亜人- キャラ紹介 戸崎優
http://www.ajin.net/chara/#chara4

3Dのモデルを忠実にポージングして撮ると手が小さく感じます。
最近はプリキュアのように、コマ送りでサイズを調節しているようですが、
会社の色でしょうか。


つれづれ
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

書いてる人:comagome



・CGデザイナーの端くれ
・旅と日本酒と和物が好き
・オタク趣味はブロマンス方面へ


同居猫:柚子



・2014年6月26日誕生
・三毛猫MIX
・ほたて味がお好き

ブログ内検索

外部リンク