忍者ブログ

 徒然なる日暮し

----猫と絵と日常を気まぐれに綴るブログ----

■長崎旅行(2-1)■



長崎二日目。
最初に向かったのは大浦天主堂。
ザ・教会という外観で、綺麗な白い建物だった。

この教会には信徒発見のマリア像という物が置かれている。
250年もの間教会も、司祭もいない状態でキリストの教えと行事を
守り抜いてきた隠れキリシタンの子孫が、ある日この教会を訪れ
信仰を告白し、マリア像の居場所を尋ねたというお話だ。

200年もの間教えを守る純粋な信仰心は、凄いの一言につきる。


次に向かったのは、グラバー園。
長崎に住んでいた貿易商の建てた、日本最古の木造洋風建築と庭のある観光地だ。



洋風な門柱を通り



外国のような坂道を登り
(余談だが、坂の上に空しかないのは気持ちが良い。海外みたいだ)



オープンテラスのある邸宅へ。
和と洋が絶妙に混在した外観が、ジブリに出てきそうだなと思った。
庭には、貝殻を使った花壇や植木鉢、珊瑚の階段などがあり
イバラードを思い起こさせる。少しファンタジックな場所だった。



明るい渡り廊下はスペインの家のよう。



先ほどとは別の棟の2階から眺める長崎の景色は素晴らしい。
港町の風情だ。



庭園の石畳には、何箇所か♡がはめられている。
見つけると幸運を呼ぶと言われているので、探してみるのもいいかもしれない。


2日目は長いのでここらで折り返し!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

書いてる人:comagome



・CGデザイナーの端くれ
・旅と日本酒と和物が好き
・オタク趣味はブロマンス方面へ


同居猫:柚子



・2014年6月26日誕生
・三毛猫MIX
・ほたて味がお好き

ブログ内検索

外部リンク