忍者ブログ

 徒然なる日暮し

----猫と絵と日常を気まぐれに綴るブログ----

■長崎旅行(2-2)



グラバー園から程近くに、オランダ坂という場所がある。
洋風建築の立ち並ぶ地域ということだ。
こちらの坂から登り、



こちらに出てくるのだが、見ての通りかなりの急勾配。
息が切れる。

坂の下にあるホテルでランチを取り、次に向かったのは孔子廟。

 

孔子廟とは、孔子の遺品を納め祀ったのが始まりとされるお寺?のようなものだ。
黄色の屋根瓦と、豪華な動物装飾が目を引く。



中に入ると、広間で獅子舞の稽古をしていた。

この中国獅子舞、一度神戸で見たのだが日本の獅子舞と全然違う。
曲芸のような事を行ったり、ジャンジャンとシンバルのような楽器を打ち鳴らし
衣装も派手で、見ていて本当に面白い。
小さな獅子が一生懸命、二人技の肩車の練習をしていた。


しばし周辺散策。
昔ながらの銭湯が何軒か見つかる。





古い建物の交番。


さて、路電と徒歩で向かったのは、崇福寺。
中国式の山門が特徴的で、重要文化財に指定されている。
マイナーなのか、私達以外に参拝者はいなかった。





このお寺の吉祥の動物は蝙蝠だ。
中国では蝙蝠と金魚が幸運の動物で、これらや福の字を逆さにして飾る事で
福を呼び込むとされている。

また、中国のお寺には朱印という文化が無い。
ここではお札を頂いて帰ることにした。


二日目が長いので、さらに分けることに!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

書いてる人:comagome



・CGデザイナーの端くれ
・旅と日本酒と和物が好き
・オタク趣味はブロマンス方面へ


同居猫:柚子



・2014年6月26日誕生
・三毛猫MIX
・ほたて味がお好き

ブログ内検索

外部リンク