忍者ブログ

 徒然なる日暮し

----猫と絵と日常を気まぐれに綴るブログ----

■柚子をお迎え 2週間■



べろ、仕舞い忘れてますよ。



あっという間に2週間程経ってしまった...

その間の柚子はというと、病院に行ったり、留守番したり、
夜は少しずつ大胆な行動を見せ始めて
体重も増えた。

日々成長を感じる。

この調子で立派な成猫になっておくれ~。



一人暮らしで猫を飼う記録を残していきたいので、
この間の出来事は「つづき」の中にまとめることにする。


つれづれ





■柚子をお迎え 4日目■


・柚子、初めてのお留守番。自分が会社に行く間、9時間ひとりになる。

・部屋の片付け、置きフードや水は万全にして出社したのだが、
 世話人が不安になりすぎて昼休みに帰宅する。
 柚子は遊ぶ様子もなく、キャットタワーでねむりこけていた...
 まだ子猫だけど、生活リズムは一丁前の猫だ。

 隙間に入って出られなくなっていたら…
 (棚の裏、洗濯機裏など幾つか際どいポイントによく入っていた)
 電気コードのカバーを外して噛んでしまっていたら...
 寂しくて鳴き続けているんじゃないか.....etcetc

 世話人の方が心配性すぎでした。


■柚子をお迎え 5日目■

・この日は一時帰宅無しに9時間通しのお留守番だ。
 世話人の方が慌てて帰宅すると、タワーの上から
 おなかがすいたの鳴き声で迎えられる。

・ご飯の後遊んでいると、自分の袖に米粒大の血が付いていた。
 たまにウンチが硬く、少し出血する事があったのでお尻を確認すると
 肛門ではなく尿道口の方に血の跡が。
 

 大慌てで柚子の健康チェックをする。熱は平熱、玩具への反応も普通。
 朝におしっこうんちも問題なく出ていたが、ネット検索から膀胱炎を疑い、
 次の日病院にいく事に。

 この時は心配になりすぎて動悸を覚えながら夜間救急まで検索していた... 
 今は元気だけれど、朝起きたら手遅れになったらどうしよう、など考えてしまい。
 夜間病院の開いている3時ごろまで様子を見ていたが、
 柚子はいたって普通で、ごろごろ遊んだ後に私のベッドで眠った。


■柚子をお迎え 6日目■

・朝一会社に遅刻連絡を入れ、柚子の食事の支度をする。
 食欲は普通で、ご飯のあとウンチもおしっこも出た。

・置きっぱなしで遊びに使っているキャリーに、いつも寝ている毛布を詰め込み
 柚子を誘導。おとなしく入ったところで家を出る。
 ラッキーな事に、徒歩3分の場所が動物病院なのだ。

・柚子初めての病院。静かにキャリーの奥で固まっている。
 男の獣医さんに引っ張り出され、ひょいひょいと体の角度を変えられながら診察。
 目視と触診の結果は特に悪くないとのこと。
 ただ出血が実際にあったことから尿検査を行うよう指示される。
 序に体重計測。家にやってきたときから1.5kgに増えていた。

・尿検査キットと、尿道、真菌箇所の消毒薬を貰い帰宅。

・帰宅後すぐに柚子が催す。慌ててキットを取り出しおしっこ採取。
 検査に持っていくと、血尿は出ていないが少し細菌がいる様子とのこと。
 膀胱炎気味、という診察で抗生剤をもらう。

・薬を飲ませ(我が家の場合はレトルトパウチに混ぜて与える)、自分は会社へ。

・帰宅すると、玄関が臭い。
 今まで無かった匂い、あの、猫特有の尿の匂いが...

 病院で不安になったのか、ひとりが寂しかったのか柚子がどこかに催したようだ。
 場所が分からずその日はそのまま柚子を構って就寝。


■柚子をお迎え 7日~2週間■
 
 

・柚子は文句を言わずに薬を飲んでくれるので非常に助かった。

・快食快便。

・さらに家に慣れたのか、夜の大運動会が始まるようになった。
 遊んでいると急に毛を逆立て、みゃ~~お~~と唸って走り始める。
 しばらくシャトルランをしてから、疲れて毛づくろいを始めるのがいつものパターン。
 ダッシュの足音が階下に響いていないか心配だ。

・初おやつを与える。ささみのペーストだ。
 あまりがっつかず、手からも食べない。いつものご飯食器に入れてあげると食べ始めた。

・週末に突然、口臭がするようになる。
 その日は食欲が少し無かったため心配になる。
 さらに、いつもは一人で寝ているところを何度も膝の上に上ってきて、蹲る。
 呼んでも、軽くゆすっても起きない...

 もしかして緊急事態なのでは....まずい

 世話人の心配性が発動し、冷や汗を流しながら健康チェック。
 熱無し。排泄問題なし。一応夜間病院の確認と、出発準備までしたところで
 保護主さんに連絡をしてみる。

 ●口臭→歯の生え変わりか、口の中の食べかすによるものだと思われる
 (確認したところ口内炎もなかったので)
 ●何度も膝に来て眠りっぱなし→
 普通にそのぐらい寝る。何度も膝に来るのは、休日で世話人が家にいるため
 甘えているのでは。

 と答えをもらい、少し落ち着く。
 その後、よく眠れたのか背伸びして起きた後の運動会はいつもより激しかった。

・経過も問題なく、元気に2週間目を迎える。体重は1.6kgになった。



総じて自分の心配性なところが出たと感じる2週間だった。
少しいつもと違うと、悪い方へ考えが駆けてしまう。
子猫なので、ちょっとしたことが命に関わるんじゃないかと気が気でない。

体調に気を使う事はとてもよいが、
肩の力を抜いてくださいね、と獣医さんや保護主さんに励まされたのだった。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

書いてる人:comagome



・CGデザイナーの端くれ
・旅と日本酒と和物が好き
・オタク趣味はブロマンス方面へ


同居猫:柚子



・2014年6月26日誕生
・三毛猫MIX
・ほたて味がお好き

ブログ内検索

外部リンク